太陽光発電の状態

自作の太陽光発電について、充電コントローラーを、MPPTチャージコントローラーのTracer2210Aに換えましたが、最近の長雨では、期待通りの成果は出ませんでした。

コントローラーは、最初、PWM式のSA-BA20を使っていましたが、冬の日照不足時に力不足を痛感し、MPPT式のTracer2210Aに交換しました。
交換した時期は、夏に向かう時期のため、どちらの方式でも十分な電力が得られることから、MPPT式の恩恵を感じませんでした。日照不足(曇りがちの天気)の季節にこそ、MPPT式に交換して良かったと思えるはずでしたが、がっかりしました。
ここ一週間くらいの悪天候では、夜間、アイドル中のコンバーターを動かす分の充電も行うことができませんでした。これでは、PWM式と同じです。

結局、充電コントローラーを交換するより、太陽光パネルを増設した方が良かったようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ジェイ より:

     こんにちは。久しぶりに記事を拝見しました。Tracer2210Aを導入されたのですね。

     さて、9月の発電量ですが、こちらでも相当低いものでしたよ。6月よりも低いという結果になりました。
    いかにMPPTでも、大元の日照がある程度は必要だということです。9月の曇り具合を振り返ると、
    雨と言っても差し支えないほどの曇りでしたから、どのようなコントローラーだったとしても、ほとんど
    発電できなかったと思います。パネルの増設にしても、補うとすれば、相当な枚数が必要だったと
    思います。
     この9月の発電量は、昨年と同じパターンのようで、8月の前半のデータが昨年とほぼ重なって
    いたので危惧していたのですが、その通りになってしまいました。

    • 不思議な物管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      太陽光発電は、天気次第ということですね。
      こちらは北陸なので、冬になると、今年の9月並の日照になります。
      単純なパネルの追加より、曇り空でも発電する太陽光パネルに換えた方が良さそうです。
      まずは、ジェイさんを見習って、データをとることを検討します。

コメントを残す