素材と対話するアートとデザイン

富山県美術館で開かれている展示
「素材と対話するアートとデザイン Art and Design, dialogue with materials」

「国際北陸工芸サミット」
を見てきました。

素材には、ものすごく水を吸収する素材や、太陽光に当たると色が変わる素材などがあり、そうした素材を用いて、ジーンズを作った例などが展示されていました。

美術には縁が無い私ですが、工芸美のようなものに触発されました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントを残す