電線(ケーブル)

太陽光発電システムの製作にあたっては、電線の選択にも気を遣いました。電流が多く流れるところに、細い電線を使うと危険です。

ホームセンターでは、細いケーブルはKIV。太いケーブルはWCTがありました。
配電盤内は、30A以下が多いため、3.5㎟を中心に使い、電流が多く流れるところには、22㎟を使いました。
許容電流は参考値です。販売されているケーブルの仕様を確認してください。

sq(断面積)(㎟) AWG 許容電流(A) 備考
1.25 16 19 KIV
2.0 14 27 KIV,VCT
3.5 12 37 KIV,VCT
5.5 10 49 KIV
8 8 61
14 6 88 WCT
22 4 121 WCT
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加