コントローラー選び

今回、100W~200W程度の太陽光発電システムを作ります。
コントローラー(充放電制御器)は、この容量に合う製品を選ぶことになります。

方式の違い(PWM、MPPT)

充放電制御器には、PWM方式とMPPT方式の2種類あります。
MPPT方式の方が効率が良く優れていますが、価格が高くなります。
ある程度、本格的なシステムにするなら、MPPTがおすすめです。

コントローラー選び

今回、100Wから200Wの太陽光発電システムを制作することにしましたが、システム電圧をどうするかは悩みました。最初は、パネル1枚を考えていますから、12Vになります。将来、2枚に増設した場合、24Vにするか12Vに据え置くかで、コントローラー選びが違ってきます。コントローラーを買い換えるなら、パネル1枚の性能に合わせた製品にして、安価に済ませることも一案ですが、できれば、買い換えはしたくないところです。
結局、インバーターとの組み合わせも考慮し、12Vのままにすることにしました。

100Wのパネル1枚の電流は、5.5A程度です。将来、2枚に増設した場合、システム電圧を12Vのままにすると、倍の11A程度、流れます。また、2枚に増設した場合の電圧は、18V程度のままです。
もし、将来、24Vにするなら、電流は、5.5A、電圧は、36Vに対応する必要があります。
この条件で、私が検討した製品は、主に、下記の製品です。最大入力電圧が20V以上、最大入力電流が15A以上の製品を選びました。
この内、Tracer-2215BNと、PS-30Mならば、将来、システム電圧を24Vにしても対応できます。一方、SA-BA20は、24Vに対応できません。
私は、日本メーカーへの信頼性と安価であることから、SA-BA20を選びました。ただし、使ってみると、発電効率への疑念(不満?)や欲が出て、MPPT方式の製品を使ってみたくなりました。SA-BA10(SA-BA20の最大電流が10Aに抑えられた製品)と、Tracer-2215BNを購入して、比較してみても良かったと思っています。

製品 方式
システム電圧
スペック 価格(参) 備考
EPsolar
Tracer-2215BN
MPPT
12/24V
最大入力 150V 20A
最大電力
260W(12V)
520W(24V)
21,000円 中国製。
モーニングスター
PS-30M
PWM
12/24V
最大入力 50V 30A 30,000円 信頼性がある
DENRYO(電菱)
SA-BA20
PWM
12V
最大入力 25V 20A 6,650円 日本メーカー。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加