充放電制御器 DENRYO SA-BA20

denryo
充放電制御器(チャージコントローラー)は、DENRYOのSA-BA20を使いました。

太陽光発電システムの構成は、次の通りです。

  • 100Wソーラーパネル 1枚(将来、2枚も考慮)
  • バッテリー 1個(100Ah。将来、2個に増設も考慮)
チャージコントローラー選び

充放電制御器(チャージコントローラー)は、発火の危険も伴う重要な機器のため、価格より、品質(メーカーの評判)を重視して選びました。

必要なスペック

必要なスペックは、将来、200Wにする可能性を考えました。
最初は、100Wのパネルを1枚使います。
このクラスのパネルは、ほぼスペックが等しく、最大18V、5.5A程度です。
1枚であれば、これに合わせた充放電制御器を選べば良いことになります。
将来、2枚に増設して、200Wとした場合でも利用できる物を選ぶ場合は、2枚を並列にするか、直列にするかを考えます。
並列であれば、電圧は変わらず、電流が2倍になります。
直列であれば、電圧が2倍になり、電流は変わりません。
電圧を2倍にすると、12Vシステムから24Vシステムに変わります。
24Vシステムの方が効率は良いのですが、その場合、インバーターを12V、24V切り替え可能な製品にしておくか、将来、買い換える必要があります。
インバーターとの組み合わせを考えましたが、将来的にも、12Vでいくことにしました。
充放電制御器は、最大入力電圧が、20V以上。最大入力電流が、15A以上の製品を選ぶことにしました。

方式の違い(PWM、MPPT)

充放電制御器には、PWM方式とMPPT方式の2種類あります。
MPPT方式の方が効率が良く優れていますが、価格が高くなります。
MPPT方式では、EPsolarのTracer-2215BNを検討しました。
これは、12V/24Vシステムで兼用できます。将来、24Vシステムにしようと思っても、これは利用できます。
PWM方式では、DENRYO(電菱)のSA-BA20を検討しました。
結局は、価格差(SA-BA20が6,000円ほど、Tracer-2215BNが21,000円ほど)で、SA-BA20を選びました。PWM方式で充電能力が不足するなら、パネルを増やせば良いとの判断でした。
(参考)制作してみると、この考えは甘かったように思います。

DENRYO SA-BA20

スペック(メーカーHPより、引用)

型式
SA-BA10
SA-BA20
SA-BB10
制御機能
充放電
システム電圧
12Vdc
24Vdc
最大入力電圧
25Vdc
50Vdc
動作可能最低電圧
6Vdc
8V
太陽電池入力電流
10A
20A
10A
負荷電流
10A
20A
10A
自己消費電流
2mA(平均値)
負荷動作
常時出力
ナイトライト機能
充電方式
3段階充電(バルク,吸収,フロート)
充電電圧
14.4V
28.8V
フロート充電電圧
13.7V
27.4V
過電圧保護
18V
36V
低電圧保護  警告
11.8V
23.6V
 エラー
11.5V
23V
 復帰
12.5V
25V
過温度保護
警告60℃,エラー80℃,復帰60℃
バッテリータイプ
鉛蓄電池
適合電線  最大
#12AWG
#10AWG
#12AWG
 最小
#18AWG
#12AWG
#18AWG
 接地
プラス接地
温度補正
-30mV/℃
-60mV/℃
動作温度範囲
-20~60℃
保存温度
-30~70℃
湿度
5~95%RH(結露無きこと)
寸法(W×H×D)
91×55×29(mm)
重量
65g
70g
65g
標準価格(税抜)
4,500円
6,650円

インバーターとの組み合わせは、問題ありませんでした。
インバーターは、FI-S263Aであり、
インバーターの過電圧遮断は、15.5V±0.5V。
コントローラーの充電電圧は、14.4V。
コントローラーの充電電圧 < インバーターの過電圧遮断
ですから、充電中の過電圧になり、インバーターの出力が止まることはありません。

バッテリーは、ディープサイクルバッテリー(M31MF)を使っていますが、問題なさそうです。

★☆【在庫有】【全国送料無料】【返品・交換不可】ACデルコ M31MF Voyager/ボイジャー マリン用バッテリー メンテナンスフリーディープサイクルバッテリー 

使ってみて

太陽光発電システムを組み、それに合わせて使う機器を選ぶと、当初、考えていたより、消費できる電力は少なくなりました。
そのため、SA-BA20を使ってみて問題はありませんが、もう少し充電できないのかという思いがあります。MPPT方式の方が効率よく充電できるため、MPPT方式の充電器を選ばなかった後悔かもしれません。
具体的には、100W太陽光発電システムで、合計60W程度の機器を使っていますが、晴れていても、充電より、消費の方が多いように感じます。これは、使っているとき、満充電を示さないことから感じていますが、実際、バッテリーの電圧を測ってみると、バッテリーの電圧は満充電時より落ちています。
他のコントローラーとの比較ができないため、SA-BA20が優れているのかどうか判断できないことが、心残りです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加