ZigBee

マイコンを調べているとき、ZigBeeという言葉を目にしました。
これは、無線規格のひとつです。

無線と言えば、wifi、bluetooth、LTEなどが既にありますが、これらとの違いは、接続数が多いという点です。
様々な機器の状態を、コンピュータで管理したい場合、これは便利です。
最近、IoTという言葉を、よく目にしますが、物をネットワークに接続するには、最適な技術ではないかと思います。

では、ZigBeeが、bluetoothなどに代わって普及するかと言えば、そうではなく、共存しそうです。
ZigBeeは、大容量や高速のデータ転送には向かないためです。

例えば、家庭内で、照明スイッチにセンサーを付けて、ON、OFFを把握する場合、ZigBeeは、各スイッチと集計するマイコンとの間で使われます。マイコンが集計したデータは、wifiなどを通して、ネットワークに送られます。
蜂蜜に例えるなら、花から巣箱に、蜜を運ぶ役目が、ZigBee。巣に集められた蜂蜜を集めて、瓶詰めし、整理する役目が、bluetoothやwifi。それを、消費者に届ける役目が、LTE。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントを残す