バッテリーの消耗を抑える

バッテリーは、空に近くなるような使い方を繰り返すと、早く消耗します。
インバーター(FI-S263A)は、10.0V±0.5Vで出力を停止しますが、バッテリーの電圧がここまで落ちるようでは使いすぎです。ここまで使い切らないように工夫しました。

インバーターと、充電コントローラーの組み合わせ

インバーターのFI-S263Aは、リモート端子があり、ここに、12Vが供給されているときだけ、インバーターをONにすることができます。
充電コントローラーのSA-BA20は、12Vの出力があります。この出力は、バッテリーの電圧が、11.5V以下になると、オフになります。
これを組み合わせることで、バッテリー電圧が11.5V以下になると、インバーターの出力がオフになるように配線しました。

sen

これにより、バッテリーの電圧が11.5V以下になることはなくなり、バッテリーの消耗(耐用年数)を抑えることができると考えています。


FI-S263A SA-BA20
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加